設備・機器紹介

院内の様子

  • 入口

  • 受付

  • 検査室1

  • 検査室2

  • コンタクト装用練習台

機器紹介

●OCT

OCTとは、眼科領域の新しい検査で、目の奥の網膜の様子を断層的に見ることができます。
主に網膜の断層像を撮るのに使われ、最近では機器の飛躍的な進歩により、緑内障診療には欠かせない検査です。

●ハンフリー視野計

ハンフリー視野計は、見える範囲(視野)や欠落部の有無、範囲を調べます。顔と目線を固定して一点を見つめ、周辺に出現する小さな光が見えたら、ボタンで知らせます。緑内障診断や進行状態を把握するのに必須の検査機器です。

●YAGレーザー

緑内障レーザー手術と、白内障手術後数ヶ月~数年後に発症し視力低下を起こす「後発白内障」の治療を行なう装置です。

●オートレフケラトメーター

近視・遠視・乱視・乱視角度を瞬時に測定します。測定結果を元にメガネやコンタクトレンズを処方します。

●グリーンレーザー

糖尿病網膜症、網膜中心静脈閉塞症、網膜剥離などの治療に用います。

●処置顕微鏡

外来処置に使用する顕微鏡です。

  • コンタクトレンズ処方 各種メーカー取り扱い
  • ご予約はこちら
  • 関連クリニックのご紹介
  • 越谷駅前眼科
  • 新三郷すぎた眼科
  • フレスポ八潮2F
  • 駐車場完備

〒340-0822 埼玉県八潮市大瀬882-1

お問い合わせはこちら tel:048-998-1146

pagetop